自動売買(シストレ)ってどうなのか検証してみた

FXトレードする場合、2パターンがあります。
1つは裁量トレード、もう1つは自動売買。
どちらもメリット・デメリットはあります。
今回は、自動売買について記事を書いていきます。少しでも興味が持てれば幸いです。

自動売買の特徴

売買ルールを設定しておくとコンピューターが自動で売買してくれます。
24時間動き続ける為替では、寝ているときに値動きが発生するので、寝てる間に損失が発生する可能性があります。
そこで、自動売買では、寝てる間にも売買してくれるので、ある意味安心です。
まさに自動販売機的なイメージになります。

自動売買をするには

自動売買をする上でもFXの口座開設が必要です。
FXの会社は国内、海外でとても多くあります。
FXの会社を選択することは何より重要です。
私が実際に運用しているFXの会社を例に説明します。

アイネット証券のアイネットFX

アイネット証券[アイネットFX]

ループイフダン」という名前は聞いたことはありますでしょうか。
ループイフダンはFX自動売買(シストレ・システムトレード)ツールです。
誰にでもわかりやすいシンプルなロジックで自動的に売買を繰り返します。
ループイフダンの強みは、リピート系注文システムです。
リピート系注文というのは、最初に設定するだけであとは自動で為替の売買を行ってくれるシステムになります。
FX自動売買の中では、取引通貨を選択するのですが、豪ドルを取引するのはおすすめできます。
理由は、豪ドルは過去10年の値動きがリピート系注文向きだからです。
他の通貨(例えばドル円)でもできないことはありませんが、パフォーマンスが違います。
結局のところ、損せず利益をだしたいのが本当のところなので、自動売買で有利な通貨を選ぶのがポイントなのです。
通貨にによって値動きのパターンがある程度決まっているのも為替の面白いところであり、難しいところでもあります。

コラム

Posted by fxwin