週足は方向感の判断には最適

今週は本当におもしろい値動きでした。109.5で底値をつけましたが、気持ちいいぐらいの下げでした。
多くの方がロスカットしたのではないかと想像できます。

FXトレードではロスカット狩りという言葉があります。
損失を証拠金の2%とかに設定することがあります。だあkら、バシバシロスカットが発動されます。
2%なのですが、ちょっと厄介なのが、ほとんどが売買ルールでルールを守れと言われているため、
何度もロスカット仮に合うということです。
ルールを守ること自体はすばらしいと思いますが、それを逆手に取られる場合もあるということです。
だから、ロスカットなんてしなければいいのに・・・と思うのでした。
ドル円って100pipsくらい1日で動くことはあります。
だから、日足チャートでみれば、エントリーポイントって意外と決まってると思います。
結局、始値とか前の高値、安値を基準にエントリーするものです。
いくら再現性があるからといって、誰かが作った売買ルールで儲けようとしてること自体、残念だと思うんです。
一言でいうと依存しすぎています。だから、良い売買ルールを試してみるのはいいですが、
確率論の観点からすると、使えるルールかどうかは一定期間の試行回数がないと作動しませんよね。

他の人の手法に文句を言うつもりはありませんが、週足、月足のチャートだけで判断するほうが簡単でいいですよ!