月足チャートで判断する7月の展開

先週は、西日本の災害で大変でした。それでも、為替は動き続けるという世界です。
為替というのは世界規模なので世界経済のことにアンテナをはることになります。
しかし、FXトレードにおいては、チャート判断だけです。
今日のFXの取り組みについて書いて行こうと思います。
7月の2週目が始まりまりましたが、ドル円は今月はどんな展開になるか楽しみにしてるのですが、
110円を上がったり下がったりしています。
レンジ相場という言葉もありますが、方向がでないときも当然あります。
大きな視点で見れば見るほど、小さな細かい動きは気にしなくて済みます。

ドル円でスワップ金利で資産形成していこうと思っているので、今のタイミングでは追加ポジションを持つことはできません。
だって、105円になるかもしれませんからね。
だから、下がって含み損が膨らんでいる時に仕込んでいく勇気がとても大事だと思います。
でも、なかなかできないのも現実です。
もっと下がるのでは?という恐怖心があるため、105円の相場になっても躊躇してしまうでしょう。
ということで、ポジションはあまり多くもたないようにすることを心がけたいと思います。

早くトレンドが発生して欲しいです。暇過ぎます・・・。